Monthly Archives: 11月 2015

腎硬化症はジェネリックのスハグラでこらえる

スハグラは勃起不全の改善が期待できるジェネリックで、通信販売などで購入が可能です。シルデナフィルという成分が主に入っていて、陰茎部の血流量の低下により正常に機能しない人が服用することで、勃起に必要な海綿体への血流の増加があり、性的興奮を感じることで陰茎の膨張が促されて、こらえることができるようになります。スハグラだけで勃起状態になるのではなく性的な刺激が必要ですから、使い方として性行為の1時間ほど前の空腹時に飲むことが効果を高くさせる期待が持て、およそ4時間ほどの持続効果が望めます。

副作用は少ないですが、まれに頭痛を伴う人もいます。これは血管拡張に伴うものですから、時間が経過し薬の効果が下がってくれば自然に収まります。また動悸や皮膚発疹などがみられることもあり、勃起が4時間経過してもとれないなどというときには医師に相談が必要です。

持病がある人の中には服用を避けなければいけない場合があり、心臓や血管に障害がある人ばかりでなく、腎硬化症を患っている人たちもです。腎硬化症は高血圧により血管に動脈硬化を起こしていることが原因で、腎臓の障害が起きる病気であり、薬を用いた血圧コントロールにより治療が行われます。このときに、スハグラを服用して血流を増加させようとしても効果が得られず病気の悪化があるか、動脈硬化に影響して心筋梗塞や脳卒中の危険が高まりますから注意する必要があります。

ジェネリックは安く購入できる薬ですが体の健康状態には留意して、服用が心配なときには必ず医師や薬剤師に相談を行うべきです。他の薬と併用したり必要以上に飲みすぎることが無いようにし、食事してすぐに服用してしまうと効果が得られないことがあるので、飲むタイミングに注意するべきです。