Monthly Archives: 10月 2015

患者負担軽減のジェネリックは副作用の前症状に注意

病気を治す、または対処する方法として、最もポピュラーな方法が、薬を使うというものです。薬には内服薬、外用薬がありますが、内服薬については身体の内部に働きかける薬として、長く服用し続けることの多い存在になります。
保険診療内の治療であれば、費用の上限が定められていますので、あまり実感がわかないでしょうが、実は病院で手渡される薬というのは意外にも高額であることが多いのが現状です。新薬を開発するまで、10年以上もかかることがあり、また、人体への安全性や有効性などが実証されなければ薬として認められず、これらの研究開発に莫大な費用がかかります。そのために、薬の多くがとても高額になっています。
この問題を和らげてくれるのが、ジェネリックです。
特に保険のきかない自由診療になってしまう患者にとっては、薬の費用というのは大きな負担になりがちです。これをジェネリックに変えることで、費用の負担を大幅に抑えられるようになり、多くの人が治療に専念しやすくなります。
国にとってもよいことがあります。医療技術が高度化するにつれ、医療費の負担が大きくなり、国の予算を圧迫してしまいます。高額になりがちな薬を安価なジェネリックに変更することにより、医療費にかかる予算を減らせると同時に、国民に対する税負担を和らげたり、税金を他の分野に回せるようになるというメリットがあります。
ジェネリックは安価であることから、個人でも通信販売などを通じて、簡単に購入できるようになっていますが、副作用も普通にありますので、使用の際は注意しましょう。気分が悪くなるといった症状は、副作用の前症状である可能性があります。このような前症状が出たなら、病院へ向かうようにしましょう。