Monthly Archives: 9月 2015

ジェネリックの相性とのう胞との関係

勃起不全を解消する効果を期待できるED治療薬は、1990年代に登場したバイアグラが世界的な一大センセーションを引き起こしたことからスタートします。その後、バイアグラの弱点であった食事による影響を受けやすいという点を改善したものや、効果が長時間継続するものなどが開発されています。

これらのED治療薬には、インドの製薬メーカーが製造しているジェネリック医薬品が既に提供されています。先発医薬品とは同じ主成分を使用しているので、同等の効果を期待できます。また、開発費を回収する必要がないので、かなりリーズナブルな価格で販売されています。この為に、経済的に受ける負担をかなり軽くすることができます。

ED治療薬の具体的な作用は、PDE-5という勃起の妨げとなっている酵素の活性を阻害するということです。これにより、陰茎部の周辺に存在している一酸化窒素作動性神経に作用し、血管を拡張することにより血流量が増加して勃起が可能な状況になります。

つまり、血行を促進するという内容で、血圧が変動することになります。この為に、低血圧や高血圧が著しい人や心臓に不調を抱えている人は使用することは出来ません。そして、副作用として報告されているのはほてりや赤ら顔などで、発症率は治療薬ごとに異なっており、多い場合は約90パーセントで少ないものは約30パーセントです。

他には、肝機能障害を患っている人や脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある人も使用を禁止されています。この為に、用法と用量を守っての使用が必要となります。ただし、他の病気とは相性が良い場合もあり、リンパ管に出来たのう胞がED治療薬により改善されたというケースがアメリカで報告されています。