Monthly Archives: 12月 2014

アルコールとは絶対一緒に摂取してはいけない薬

大抵の医薬品はアルコールと絶対一緒に摂取してはいけないという禁止事項が設けられています。
これは医薬品をアルコールで飲み下すことだけでなく、医薬品を服用する前後にアルコールを摂取してはいけないということも含まれています。

理由は幾つもありますが、薬品の中にはアルコールと混ざることによって人体に有害な物質となるものがあります。
風邪薬や栄養ドリンクなど身近なものにも含まれている現状です。
アルコールと混ざることによって意識を混濁させたり、胃腸などに深刻なダメージを与えることになります。
また嘔吐することによって、食道や喉を荒らす原因となるため避けるべきなのです。

睡眠薬などはアルコールと一緒に摂取するとその効果がより長く・強くなり、意識障害を引き起こす可能性もあります。
絶対一緒に摂取してはいけないというのは自分の体を守るためでもあり、医薬品を正しく使うために必須の決まりなのです。
アルコールの中には薬を分解してしまったり、その効能を無効にしてしまうものもあります。
体調不良の改善を考えるのであれば医薬品の効能を最大限に引き出すためにもアルコールは摂取してはいけないのです。
基本的には水飲みを服用し、それ以外は避けるというのも医薬品に関する一般常識と言えます。