Monthly Archives: 11月 2014

アルコールにより薬の効き目が強くなるのは何故?

薬を飲んだらお酒は飲まないように、またその逆のことも言われます。
毎日お酒をたしなむ人が薬を摂取した場合、薬の薬の効き目がなくなる場合が多く、お酒を飲んでいない素面の状態でも薬の効果が出にくいケースがあります。
また、アルコールと薬を同時に摂取することで薬の効き目が強くなるのです。
その理由としては、MEOSと言うミクロゾームエタノール酸化酵素系の存在が挙げられます。
アルコールも薬も代謝する酵素系であるMEOSは、お酒を摂取することで活性化しアルコールに強く薬への耐性も向上、故に薬の効き目がなくなることに繋がるのです。
お酒と薬を同時摂取した場合には、MEOSは優先的にアルコールから代謝するので、分解することをお互いに妨げ合い、薬の効果が長引いたり効果が強くなると言った状態になるのです。
お酒を摂取する場合には、服用した薬の効果が残っていない状態であること、薬を服用する場合は体内から完全にアルコールが抜け切った状態であることが前提となるのです。
二日酔い状態での服薬も、体内にアルコールが残っている状態なので、中止する旨促されています。
アルコールと薬の同時服用は、薬の効き目をなくしたり逆に強めたり、副作用を引き起こしたりと大変危険です。
時には命を落とす場合もあることから、十分に注意することが必要なのです。