Monthly Archives: 10月 2014

程よいアルコールによるリラックス効果

勃起不全になる原因で多いのが、心因性のものです。
身体の機能には問題なく、心理的、精神的な要因で起こるものを心因性EDと呼びます。
これはうつ病や統合失調症のような精神疾患にかかっている人だけでなく、会社でのストレスや夫婦関係で問題を抱えているような場合に誰でも起こるものです。
また幼少期のトラウマが原因となっている場合もあります。
心因性EDの場合は人によって色々な原因があるので、改善するにはその原因を突き止める必要があります。
一般的に効果があると言われているのは、程よいアルコールを飲んで緊張感を和らげるという方法があります。
特に性体験の少ない男性の場合は、女性と相対した時に緊張するものです。
アルコールにはリラックス効果がありますので、事前にお酒を飲むと緊張感を和らげることができて、EDにならずに済むのです。
なぜアルコールがいいかというと、それを飲むと脳から興奮物質であるドーパミンが分泌され、不安や恐怖といった感情を和らげられるからなのです。
また、アルコールにはストレス解消につながるセロトニンの分泌も促進されます。
アルコールにも色々ありますが、特に香りの高いお酒を飲むと、よりリラックス効果があります。

勃ちが悪くなると言われる飲酒も緊張から来るEDには有効

バイアグラは非常によく知られた精力剤の一種で、EDに悩む人などが使用することでも知られています。
しかしながらEDは病気の一種であり、バイアグラを服用することが根本的な治療になる・有効な治療方法であるとはいえないのもまた事実です。

EDは陰茎の海綿体部分に血液が集まらないことが原因で引き起こりますが、その原因は様々です。
人によっては何らかのきっかけで自分の勃起に不安を感じ、それ以来、性的興奮を覚えても緊張状態が続くことで勃起不全となる、といった場合があります。
こうした場合にはこの緊張状態を改善することがED治療の目的となるため、バイアグラのように一時的な勃起を引き起こさせる薬物を使用しても根本的治療にはつながらないのです。

人によってはこうした緊張状態を解除するために飲酒などをする場合もありますが、飲酒によって血流コントロールが上手く出来ず余計に勃起不全を悪化させるケースも有ります。
またEDは心臓疾患などの病気によって起こる副作用という側面があります。
こうした場合にはバイアグラなどの精力剤を使うことが心臓に負担をかけることになり、生命の危機をもたらす可能性があります。
そのため、EDだからと自己判断してバイアグラを使うのは危険な側面もあるのです。