不整脈治療薬のジェネリックを海外旅行で購入すると

心臓は通常、一定のリズムを刻みながら脈打っています。運動をしたり、緊張状態にあると、脈が速くなりますが、これはごく自然な現象で、健康である証です。身体が落ち着けば、そのうちに正常な脈に戻ります。
これとは別に、安静状態であっても一瞬、心臓が大きく脈打つ時があります。この症状は多くの人が経験することで、特に病気という訳ではないので安心しましょう。
しかし、中には病気にあてはまる症状も存在します。脈が速くなったり、ゆっくりになったりする現象で、この状態を不整脈と呼ばれます。
不整脈に対処するには、不整脈治療薬が用いられます。不整脈治療薬として使われるのは、高血圧や狭心症の治療にも使われる、アテノロールという成分の薬です。心臓の動きと血圧を安定させる効果があり、病気の治療に役立ちますが、長期にわたって服用することも多い薬ですので、できれば価格の安い、ジェネリック医薬品を選びたいところではあります。
アテノロールの先発医薬品のジェネリック医薬品を購入するには、海外からの輸入が必要です。そこで海外旅行へいったついでに、現地でジェネリックの不整脈治療薬を購入しようと考える人もいるでしょうが、この方法はおすすめできません。
海外のジェネリック医薬品は偽物が多く、正規の薬が手に入らない確率が高いからです。正規品を購入するためにも、日本国内のまともな輸入代行業者を通して通信販売などで購入をするのが無難です。
また、アテノロールのジェネリック医薬品は、医師の処方が必要になります。海外製の薬の説明は海外の基準で記述されていることがあり、その記述のとおりに服用するのは危険を伴います。必ずかかりつけの医師の指導を受けましょう。